お悩み解決コラムCOLUMN

労務管理の観点からみる「変形労働時間制」とは?

近頃よく聞く「変形労働時間制」とは?

近頃、労務管理の観点から、導入している企業も目立つようになった「変形労働時間制」。
変形労働時間制とは、労働基準法上の労働時間の規制を、1週間単位や日単位ではなく、一定の単位期間で週当たりの平均労働時間によって考える制度です。

一定の単位期間を基準に、1週間あたりの平均労働時間が週単位の法定労働時間の範囲内に収まっていれば、1日の労働時間は個人の裁量で調整しても良いという制度です。

変形労働制の種類

変形労働制には、次の4つ種類があります。
どの形態の変形労働時間制を採用する場合も、労使協定に定めなければならない事項があります。

1. フレックスタイム制

労働者が一定期間に一定の時間労働することを前提に、始業時刻及び就業時刻を社員に委ねる制度です。
この制度を採用する場合、就業規則等にフレックス制の詳細を記し、労使協定を締結します。
この労使協定は、届け出の必要はありません。

2. 1ヶ月単位の変形労働時間制

1ヶ月という期間内に繁忙期と閑散期の差が激しい就業に適しています。
この制度を採用する場合、労使協定または就業規則等に定めなければならない事項を記し、所轄労働基準監督署長に届けなければなりません。

3. 1年単位の変形労働時間制

1年の間で繁閑の差が激しい業務に適しているのが変形労働時間制です。
特定の期間に、規定の労働時間を超過して労働させることができます。

この制度を採用する場合、労使協定または就業規則等に定めなければならない事項を記し、所轄労働基準監督署長に届けを出します。
その上、対象期間が1ヶ月以上である場合、最初の期間についての労働日と日毎の労働時間、最初の期間を除いた期間の労働日数及び総労働時間を定めなければなりません。

労働組合または労働者の過半数を代表する者の同意を得て、各期間の労働日や労働時間を定める必要があります。

4. 1週間単位の非定型的変形労働時間制

1週間の中で、例えば土日に業務が集中するような業種に適しています。
この制度を採用すると1日あたり10時間まで労働させることができます。
ただし、この制度を採用できるのは、常時30名未満の社員が働く小売業、旅館、料理店、飲食店の事業のみです。

変形労働制の注意点

繁忙期・閑散期のある業務においては変形労働制が有効です。
変形労働制は、あくまでも社員が効率よく業務を遂行できるように定める制度であるため、きちんと法律に則って導入する必要があります。

変形労働制を導入する際は、所定労働時間が法定労働時間からオーバーしていないか、制度の規定が適しているか確認して導入をしていきましょう。

変形労働制に上手に対応するには?

会社の規模が大きいほど、変形労働制に対応しきれず、頭を抱えていることが多いと思います。
そこで、システム上で労働時間を正確に管理し、総労働時間を定め、管理体制を整えておくのが理想です。

「クラウド型勤怠管理システム 勤怠Trust」では、管理が難しい変形労働時間制も、会社の規定に合わせ、簡単に管理することが可能です。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちら ⇒ ⇒ ⇒ お問い合わせ・見積りフォーム
無料資料ダウンロードはこちら ⇒ ⇒ ⇒ 無料資料ダウンロード