お悩み解決コラムCOLUMN

労務一覧

入社前に行うべき準備事項とは?

新入社員や中途採用など、会社では様々な節目で入社する社員を迎える準備を行わなくてはいけません。その都度、労務担当の業務は慌ただしくなると思いますが、絶対に忘れてはいけない必須業務は何なのでしょうか。

パート・アルバイトの勤怠管理で注意すべき点とは?

昨今では働きやすい社会を目指すため、ワークライフバランスが重視され、働き方改革が推し進められています。労働者の立場から考えると、自分のライフスタイルにあった働き方が出来る事はありがたく、生産性の向上・有能な社員の獲得・長時間労働の削減、など多くのメリットが期待出来ます。

「出張」はどこまでが労働時間?

特定の業務を遂行するために、普段の勤務地とは別の場所へ出向いて仕事を行う「出張」は、特に営業職や管理職の方に多くみられる働き方だと思われます。移動時間の長さや労働のタイミングが普段とは異なる出張は、勤怠管理が困難となるため、あらかじめ取り決めをしておくことが大切です。

勤怠管理のワークフロー、システム化するメリット

企業には発注や請求など様々な場面で行うべき業務がありますが、それらの業務を行う際に発生する一連の流れの事をワークフローと言います。簡単にいうと「申請・承認・決済」の流れの事を指し、このワークフローの流れの中では、誰がどのタイミングで判断や処理を行うか・会社のルールに則っているか、が重要なポイントとなってきます。

「在宅勤務」の時間管理、企業が注意すべき点は?

新型コロナウイルスの感染拡大により「働き方の多様化」が進み、テレワークの一環である「在宅勤務」を導入する企業が増えてきました。そして感染の収束が予見できない中、長期的に在宅勤務の継続を行う事を決定した企業も多いのではないでしょうか。

「法定休日」と「法定外休日」、正しく管理していますか

普段利用している休日には「法定休日」と「法定外休日」という種類があることはご存知でしょうか。 どちらも同じ「休日」には変わりない、と思っているかもしれませんが、この二つの休日の違いを把握しておくことは勤怠管理では重要になってきます。特に、休日出勤が多い人は、法定休日に働いたか・法定外休日に働いたかで支給される金額も違ってくるため注意が必要になります。