お悩み解決コラムCOLUMN

管理一覧

ワーケーション導入のメリットと注意点は?

勤務場所を選ばない、ニューノマルな働き方として注目を集めている「ワーケーション」。近年では新型コロナウイルスの影響により、政府が企業に対してテレワーク導入を促しており、その推進のために「ワーケーション補助金」といった制度も充実しています。ワーケーション補助金は、テレワークを導入する企業にとって経費削減にもなるお得な制度となっているため、導入を検討している企業も少なくないでしょう。

管理監督者の遅刻・早退・欠勤控除は可能?

管理監督者に対し、通常の労働時間や休日、休憩に関する規定がないのをいい事に、これまで「月に何時間労働したか」を把握せず、勤怠管理を怠っていた企業も少なくないでしょう。 しかし、2019年4月から施行されている働き方改革関連法にて、義務化されていなかった管理監督者の労働時間の把握が求められるようになったため、ずさんな管理が判明した場合には労働基準法違反として厳しく罰せられます。

「見える化」が、長時間労働削減のカギ

今や社会問題になりつつある長時間労働。2019年には働き方改革関連法が施工され、上限を超える残業には新たに罰則が科されるようになりました。また、就職活動中の人材にとっても長時間労働は気になる点になっており、面接や説明会において残業時間や休暇取得に関しての質問が来ることも珍しくありません。

勤怠管理システム、導入時のシステム選びのポイント

近年では新型コロナウイルスの影響や働き方改革より、様々な働き方が推奨されています。従業員の働きやすさが重視される一方で、管理側にはより正確で使いやすいシステムの導入が急務として課せられていることでしょう。 今回は実際に勤怠管理システムを導入する際の選定のポイントについてご紹介していきます。

働き方改革における「労働時間把握の義務化」とは?

我々労働者は、労働基準法により、労働時間が適切に管理されるよう守られていますが、労働時間の把握に係る自己申告制の不適切な運用に伴い、割増賃金の未払いや長時間労働といった問題が生じるなど、適切な管理が行われていない現状もみられました。

コロナ禍のテレワークで、有給取得率や残業時間はどう変わった?

世界中で新型コロナウイルスの感染が拡大したことにより、働き方が大きく変化し、日本でもテレワークの導入が急激に浸透しました。移動時間から解放され、ワークライフバランスを充実させる事が出来るテレワークですが、その反面、退勤後の隠れ残業やメリハリのつけられない長時間労働がまん延しているのも現実です。

「年間休日105日」は最低ラインぎりぎり?会社が定める休日のルールについて。

求人情報を眺めていると、休日休暇の欄に「年間休日日数」が記載されています。年間休日とは読んで字のごとく「会社の全員に適応される休日休暇の日数」を表していて、個人によって取得差のある有給休暇や慶弔休暇などは含まれません。