お悩み解決コラムCOLUMN

外国人労働者の就労拡大

■増加傾向の在留外国人

Businessman in bad time management concept

人材不足の深刻化に伴う国内の労働力不足を解消するために、経済・社会基盤の持続可能性を維持する必要があります。
そのため政府は、一定の専門性・技能をもった即戦力となる外国人の新たな在留資格を設け、就労拡大につなげるべく「出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法」を改正し、2019年4月1日からの施工・受け入れを目指しています。
現在の外国人の就業形態は、技能実習生やアルバイトで雇用されることになります。
技能実習生というのは、日本の技術を海外に伝える目的とする「技能実習制度」で来日した人たちのことです。しかし、技能実習生は、最長5年の在留資格しか取得ができません。
法務省が発表している在留外国人の数は年々増加傾向にあり、外国人労働者も増えています。
平成25年末時点の統計以降、、増加を続けており、平成30年6月末時点における在留外国人数は263万7,251人、前年末と比較し、75,403人増加し過去最高となっています。
そうした中、不法在留者も増加しており、現在の不法在留者は約7万人いると言われています。その他にも外国人技能実習生の失踪も問題となっております。
政府が目指す新たな在留資格創設による外国人労働者の受け入れ拡大は、今後の動向が注視されています。

■外国人労働者を受け入れるメリットとは


少子高齢化の日本において期待される労働力は「女性」と「高齢者」と言われています。
体力面などの理由で男性が必要な職場においては、外国人労働者受け入れのメリットは大きいでしょう。労働力の補充、グローバル化に適した人材と労働力の確保という意味では、外国人労働者の受け入れにおけるメリットはとても大きいと思われます。
逆に考えられるデメリットとしては、文化的に背景の違う人たちと一緒に仕事をすることの難しさが課題になってきます。日本特有の職場文化のあうんの呼吸で仕事を行うといった進め方ではなく、しっかりと本人同士でコミュニケーションを取って伝えていくことが大切です。

■外国人労働者の勤怠管理

外個人労働者を雇用する際は、勤怠管理について、36協定や就業規則についても、日本人労働者と同等に適用させて管理する必要があります。雇用形態や働き方が多様化する中で、勤怠管理の重要性は、益々増してくるのではないでしょうか。
そんな今だからこそ、働き方に柔軟に対応し、しっかりと労務管理が可能な勤怠管理システム「勤怠Trust」の導入をご検討されてみてはいかがでしょうか。

お問い合わせフォームはこちら ⇒ ⇒ ⇒ お問い合わせ・見積りフォーム
無料資料ダウンロードはこちら ⇒ ⇒ ⇒ 無料資料ダウンロード