お悩み解決コラムCOLUMN

テレワークを円滑にする、ITツールの有効活用

新型コロナウイルスの世界的感染を受け、国内でも緊急事態宣言が発令され不急不要の外出を自粛するよう国民に呼びかけられました。その結果、急遽テレワークに対応した職場環境を導入しなくてはならなくなりましたが、急な労働状況の変化に追いつけなかったり、テレワーク自体にもデメリットが存在するため導入に踏み込めなかったり、企業がテレワークを導入するには様々な弊害があるようです。

勤怠Trust導入で「健康管理」を行おう

近年では感染症の拡大や交通規制の緩和など、様々な理由から在宅勤務やサテライトオフィス勤務といったテレワークによる就業形態が広がりをみせています。テレワーク期間中は現場を目で見て確認できない分、従業員の勤怠状況を把握するために勤怠システムを導入し働き方に対応をし始めた企業も多くあるのではないでしょうか。

勤怠Trust導入で「社内コミュニケーション」を円滑に

働き方改革の促進や在宅勤務の拡大により、業務効率化の必要性が高まっており、効率化を図る方法の一つとして「社内情報共有ツール」の導入が注目されています。実際に導入を行う事で、職場環境の改善・業務作業の効率化・経費の削減、といった成果を得られた企業は多く存在するのではないでしょうか。