お悩み解決コラムCOLUMN

ワークライフバランス一覧

フレックスタイム制に遅刻・早退、半休はある?

少子高齢化に伴う生産人口の減少や、働く方のニーズの多様化などの側面から、昨今では個々の事情に応じた多様で柔軟な働き方が推奨されています。 「フレックスタイム制」はその中でも、多くの人が耳にしたことある働き方ではないでしょうか。

テレワークを円滑にする、ITツールの有効活用

新型コロナウイルスの世界的感染を受け、国内でも緊急事態宣言が発令され不急不要の外出を自粛するよう国民に呼びかけられました。その結果、急遽テレワークに対応した職場環境を導入しなくてはならなくなりましたが、急な労働状況の変化に追いつけなかったり、テレワーク自体にもデメリットが存在するため導入に踏み込めなかったり、企業がテレワークを導入するには様々な弊害があるようです。

勤怠Trust導入で「健康管理」を行おう

近年では感染症の拡大や交通規制の緩和など、様々な理由から在宅勤務やサテライトオフィス勤務といったテレワークによる就業形態が広がりをみせています。テレワーク期間中は現場を目で見て確認できない分、従業員の勤怠状況を把握するために勤怠システムを導入し働き方に対応をし始めた企業も多くあるのではないでしょうか。

企業が行うべき、長時間労働の対応策

日本では昔から、他国と比べて長時間労働を行う事が美徳とされてきました。日本人特有のコツコツと真面目に働く性格から生まれた社会文化だと思われますが、近年では長時間労働による過労死や、残業時間としてカウントされないサービス残業等の多くの問題がニュースでも取り上げられるようになりました。

時差出勤とは?導入時における注意点

新型コロナウイルスの蔓延や、オリンピック期間中の満員電車を緩和するために、在宅勤務や時差出勤といった様々な形態の働き方をよく耳にするようになりました。中でも時差出勤は、通勤ラッシュ回避を目的に東京都にて「時差Biz」といったプロジェクトを働き方改革の一つとして掲げているほど注目を集めています。