お悩み解決コラムCOLUMN

働き方改革一覧

長時間労働の原因と、効果的な削減方法とは

2019年4月に「働き方改革」が施工され、長時間労働に対する取り締まりがより厳しくなりましたが、実際はまだまだ残業が減らず、遅くまで仕事をしている人は少なくないでしょう。 長時間労働を減らしたいと思っているにもかかわらず、なぜスムーズに残業時間を削減する事ができないのでしょうか。 今回は「長時間労働が減らない原因」「長時間労働によるデメリット」「長時間労働の削減方法」をご紹介していきます。

これってサービス残業?その典型例や要因とは

 近年耳にする事が多くなってきた、ブラック企業。劣悪な環境で従業員を雇う企業のことを指しますが、その「劣悪な環境」の代表として挙げられるのが多すぎる「サービス残業」の実態でしょう。 サービス残業とは「賃金不払残業」とも呼ばれ、従業員が行った法定時間外労働に対して、それに見合った賃金を支払わない事を言います。

「生活残業」とは?その対策方法について

多くの労働者が残業を行う場合、基本給に上乗せして残業代がかかってしまうため、使用者としても残業代は削減していきたいと考えるのが妥当でしょう。 しかしその一方で、わざと業務ペースを下げて無駄な残業を行い「生活残業」を稼いでいる社員が問題になっている事はご存じでしょうか。 今回はこういった「生活残業」をする人の理由や、その問題点・解決策についてご紹介していきます。

クラウド型勤怠管理システムを使うべき、5つのメリット☆

働き方改革関連法案施工やテレワーク対策に向けて、今までの勤怠管理の見直しを行っている企業様も多いのではないでしょうか。 法律に則って適切な勤怠管理を手軽に行うためには「クラウド型の勤怠管理システム」が役に立ちます。

有給休暇の「計画的付与」とは?

従業員の働きすぎを防いでワークライフバランスの充実を図るため、働き方改革法案により2019年4月から年次有給休暇5日取得が義務付けられました。 年10日以上の年次有給休暇が付与される従業員(管理監督者含む)が対象であり、有給休暇の日数のうち、5日に関しては付与日から1年以内に使用者が時季指定をして取得させる必要があります。

ワーケーション導入のメリットと注意点は?

勤務場所を選ばない、ニューノマルな働き方として注目を集めている「ワーケーション」。近年では新型コロナウイルスの影響により、政府が企業に対してテレワーク導入を促しており、その推進のために「ワーケーション補助金」といった制度も充実しています。ワーケーション補助金は、テレワークを導入する企業にとって経費削減にもなるお得な制度となっているため、導入を検討している企業も少なくないでしょう。

管理監督者の遅刻・早退・欠勤控除は可能?

管理監督者に対し、通常の労働時間や休日、休憩に関する規定がないのをいい事に、これまで「月に何時間労働したか」を把握せず、勤怠管理を怠っていた企業も少なくないでしょう。 しかし、2019年4月から施行されている働き方改革関連法にて、義務化されていなかった管理監督者の労働時間の把握が求められるようになったため、ずさんな管理が判明した場合には労働基準法違反として厳しく罰せられます。

「見える化」が、長時間労働削減のカギ

今や社会問題になりつつある長時間労働。2019年には働き方改革関連法が施工され、上限を超える残業には新たに罰則が科されるようになりました。また、就職活動中の人材にとっても長時間労働は気になる点になっており、面接や説明会において残業時間や休暇取得に関しての質問が来ることも珍しくありません。