お悩み解決コラムCOLUMN

働き方改革一覧

「在宅勤務」の時間管理、企業が注意すべき点は?

新型コロナウイルスの感染拡大により「働き方の多様化」が進み、テレワークの一環である「在宅勤務」を導入する企業が増えてきました。そして感染の収束が予見できない中、長期的に在宅勤務の継続を行う事を決定した企業も多いのではないでしょうか。

「法定休日」と「法定外休日」、正しく管理していますか

普段利用している休日には「法定休日」と「法定外休日」という種類があることはご存知でしょうか。 どちらも同じ「休日」には変わりない、と思っているかもしれませんが、この二つの休日の違いを把握しておくことは勤怠管理では重要になってきます。特に、休日出勤が多い人は、法定休日に働いたか・法定外休日に働いたかで支給される金額も違ってくるため注意が必要になります。

休憩時間に対するNGな対応

自分の働いている会社では「当たり前」の扱いになっているけど、よくよく考えてみると「これって法律に違反してないのかな・・」と疑問に思うルールはないでしょうか。もし違反であることを知らず、危機感を抱かずに働いていたら、経営者はもちろん労働者にとっても危ない状況となりえます。

「時間単位年休」導入に必要な内容とは

労働者の心身の疲労回復、ゆとりある生活の実現のため、毎年一定日数の「有給休暇」を従業員へ与える事が定められています。しかし生真面目な日本人の性格上なのか、なかなか有給休暇の取得率が上がらず、「有給取得の促進」が課題となっている現在、注目を浴びているのが「時間単位年休」になります。

テレワークを円滑にする、ITツールの有効活用

新型コロナウイルスの世界的感染を受け、国内でも緊急事態宣言が発令され不急不要の外出を自粛するよう国民に呼びかけられました。その結果、急遽テレワークに対応した職場環境を導入しなくてはならなくなりましたが、急な労働状況の変化に追いつけなかったり、テレワーク自体にもデメリットが存在するため導入に踏み込めなかったり、企業がテレワークを導入するには様々な弊害があるようです。