お悩み解決コラムCOLUMN

時短正社員制度の導入で人材確保

人材不足による働き方の多様化

昨今、社会全体で人材不足が大きな問題になっています。

特に中小企業の労働力不足は深刻です。どの企業も働き方改革に合わせて、就業形態を多様化させたり、幅広い年代の採用を強化させたりと様々な方法を試みているようです。

そこで今、注目されているのが、短時間勤務制度です。

政府も労働力となる人材を増やすことを目的に推奨しており、中でも短時間正社員制度が注目されています。

短時間正社員とは、フルタイム正社員と比べると所定労働時間が1週間分短い正規社員です。短時間正社員は、育児や介護の短時間勤務とは異なります。

期間の定めのない労働契約を締結し、時間当たりの基本給および賞与・退職金などの算定方法はフルタイムの正社員と同等です。

一般的に正社員は、1日8時間・週5日勤務のフルタイム勤務を前提としていましたが、正社員は必ずしもフルタイム勤務である必要はないのです。

短時間正社員制度は、一般的な正社員と同様の待遇で短時間勤務を可能としている新しい働き方の仕組みです

短時間正社員制度の導入と管理方法について

労働力の確保が困難な現在、多様化する働き方に合わせて、企業にとっての目的が明確になれば、短時間正社員制度の導入を検討しても良いと思います。

短時間正社員制度を導入する際に検討すべき工程は、以下のような項目があげられます。

  • ① 短時間正社員制度導入の目的を明確化
  • ② 役割の検討(職務内容、労働時間)
  • ③ 労働条件について検討(人事評価、賃金、教育)
  • ④ 正社員への転換について検討
  • ⑤ 制度の導入・運用にあたる問題点の解決・改善

今後、さらに働き方の多様化が進む事が想定できます。 短時間正社員制度を導入された場合でも、
「クラウド型勤怠管理システム 勤怠Trust」では、就業規則を自由に設定し、多様な働き方をしっかりと管理することが可能です。 ぜひお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちら ⇒ ⇒ ⇒ お問い合わせ・見積りフォーム
無料資料ダウンロードはこちら ⇒ ⇒ ⇒ 無料資料ダウンロード