お悩み解決コラムCOLUMN

労働基準法での長時間労働・休日労働の対処法

長時間労働を改善するためには?

長時間労働は、働く人々にとって心身の健康に影響を及ぼすリスクがありますが、人材不足や高齢化社会に伴って、幅広い層の人材を活用していくという意味でも改善が必要な大きな課題ではないでしょうか。

労働力人口が減少する中、これまでの男性正規労働者を中心とする人材だけではなく、女性や高齢者、障害者、外国人など、より多様な層の人材に目を向けてそれぞれの能力に合った多様な働き方を実現がすることが求められています。
そのため、長時間労働や休日労働のような実態は改善していく必要があります。

 

時間外労働や休日労働について

長時間労働・休日労働を改善するため、働き方改革関連法案には、36協定でも超えることができない罰則付きの時間外労働の上限規制を導入するという内容が組み込まれているようです。

労働基準法では、1週間の労働時間の上限を原則40時間、1日の労働時間の上限を8時間と定めています。しかし、実際の現場では、納品期限に追われたり、イレギュラーが発生した場合、法定労働時間を守ることが難しくなることもあると思います。

そこで、労働基準法第36条には「時間外労働・休日労働に関する労使協定届(36協定)」を締結すれば、そこに定めた労働時間の範囲内で法廷労働時間を超えて、または法定休日に労働させることができる旨を規定しています。労使協定に規定されている内容の範囲で労働させるのであれば、法定労働時間の規定に違反しないという免罰的効力を持つものです。

この労使協定のことを、労働基準法第36条の条項をとって「36協定」と呼んでいます。

労使協定の締結により、労働基準法の定める労働時間の上限を超えて労働可能となる時間外労働の限度は、1ヶ月45時間・1年間360時間です。36協定で定めた内容は、別途、特例を除いては違反すると罰則となります。

尚、労働者の時間外労働と法定休日労働をする義務については、この協定から直接生じるものではありません。

労働時間を管理・予測する

長時間労働や休日労働においては、働いてしまった後に長時間労働と気づいても手遅れです。しっかりとリアルタイムで勤怠を管理し、社員の勤怠状況を把握しておく必要があります。

そこで、「クラウド型勤怠管理システム 勤怠Trust」は、シュミレーション機能を装備し、リアルタイムで労働状況を確認できるのはもちろんのこと、未来の予測まで計測し、管理者に警告することができます。
未然に防ぐことで、労務リスクを減らしていきましょう。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちら ⇒ ⇒ ⇒ お問い合わせ・見積りフォーム
無料資料ダウンロードはこちら ⇒ ⇒ ⇒ 無料資料ダウンロード