お悩み解決コラムCOLUMN

テレワーク一覧

クラウド型勤怠管理システムを使うべき、5つのメリット☆

働き方改革関連法案施工やテレワーク対策に向けて、今までの勤怠管理の見直しを行っている企業様も多いのではないでしょうか。 法律に則って適切な勤怠管理を手軽に行うためには「クラウド型の勤怠管理システム」が役に立ちます。

テレワーク導入で、よくある課題点と解決策

コロナ禍の影響を受け、日本でも急速にテレワークの普及が広まりました。しかし、多くの企業がテレワーク実施を踏み切る中で、様々な課題に直面した企業も少なくないでしょう。 働き方や業務管理方法、セキュリティ、コミュニケーション、など、多くのことがテレワークになると変わってきます。これからテレワークを導入しようと検討中の企業は、どんな課題があるかを把握しておく必要があります。

ワーケーション導入のメリットと注意点は?

勤務場所を選ばない、ニューノマルな働き方として注目を集めている「ワーケーション」。近年では新型コロナウイルスの影響により、政府が企業に対してテレワーク導入を促しており、その推進のために「ワーケーション補助金」といった制度も充実しています。ワーケーション補助金は、テレワークを導入する企業にとって経費削減にもなるお得な制度となっているため、導入を検討している企業も少なくないでしょう。

テレワーク導入の必要事項

2020年4月7日に発令された第一回目の緊急事態宣言をきっかけに、多くの企業でテレワークが導入されるようになりました。テレワーカーの割合を業種別に見たときには「情報通信業」が最も高く、これらの種別はパソコンなどの端末があれば場所を選ばずに仕事が進められるため、テレワークの実施も比較的容易・かつ今後もっと導入が進められる業種となってくるでしょう。

テレワークを円滑にする、ITツールの有効活用

新型コロナウイルスの世界的感染を受け、国内でも緊急事態宣言が発令され不急不要の外出を自粛するよう国民に呼びかけられました。その結果、急遽テレワークに対応した職場環境を導入しなくてはならなくなりましたが、急な労働状況の変化に追いつけなかったり、テレワーク自体にもデメリットが存在するため導入に踏み込めなかったり、企業がテレワークを導入するには様々な弊害があるようです。

勤怠Trust導入で「社内コミュニケーション」を円滑に

働き方改革の促進や在宅勤務の拡大により、業務効率化の必要性が高まっており、効率化を図る方法の一つとして「社内情報共有ツール」の導入が注目されています。実際に導入を行う事で、職場環境の改善・業務作業の効率化・経費の削減、といった成果を得られた企業は多く存在するのではないでしょうか。

勤怠Trust導入で「位置情報」を使用した勤怠管理を

出退勤時にGPS機能を使用して「位置情報」を取得できる機能となっており、紙媒体のタイムカードと違って「いつ」「どこで」打刻したのかがリアルタイムで把握できるため、不正な打刻を防ぐだけでなく、出張や直行直帰先で気軽に打刻が行えます。

残業申請のルール化で、無駄な労働時間を削減しよう!

働き方改革法案の制定により、以前よりも厳しく残業時間削減に向けた取組みを行う必要が出てきました。残業時間を減らす有効な手立てとして、残業申請をルール化している企業も多いかと思いますが、申請を上げてくれない・残業代の為に仕事が無くても残っている等の問題が起きている企業も多いのではないでしょうか。

スケジュール管理共有の重要性

社内で働いている従業員は基本的に1人1人、行っている業務が違ってきます。特に営業社員は抱えている案件ごとに外回りがあったり、社内で仕事をしたりと、上司ですらスケジュールの管理が曖昧になり、現在誰がどこで何の仕事をしているのかが分からないなんて事もあるのではないでしょうか。