お悩み解決コラムCOLUMN

努力義務一覧

長時間労働の原因と、効果的な削減方法とは

2019年4月に「働き方改革」が施工され、長時間労働に対する取り締まりがより厳しくなりましたが、実際はまだまだ残業が減らず、遅くまで仕事をしている人は少なくないでしょう。 長時間労働を減らしたいと思っているにもかかわらず、なぜスムーズに残業時間を削減する事ができないのでしょうか。 今回は「長時間労働が減らない原因」「長時間労働によるデメリット」「長時間労働の削減方法」をご紹介していきます。

時差出勤は意味がない?制度を無駄にせず、活用しよう

この数年、コロナウイルスの予防や働き方改革の一環として、出退勤時間の取り決めを独自に工夫する企業が多くなりました。そうした取り組みの一つとして「時差出勤」を導入した企業は多いのではないでしょうか。 通勤ラッシュの時間を避け、ストレス緩和に繋がるとして期待されている時差出勤ですが、効果的に取り入れないと、かえって従業員の負担となってしまう可能性があります。

コロナ禍のテレワークで、有給取得率や残業時間はどう変わった?

世界中で新型コロナウイルスの感染が拡大したことにより、働き方が大きく変化し、日本でもテレワークの導入が急激に浸透しました。移動時間から解放され、ワークライフバランスを充実させる事が出来るテレワークですが、その反面、退勤後の隠れ残業やメリハリのつけられない長時間労働がまん延しているのも現実です。

「在宅勤務」の時間管理、企業が注意すべき点は?

新型コロナウイルスの感染拡大により「働き方の多様化」が進み、テレワークの一環である「在宅勤務」を導入する企業が増えてきました。そして感染の収束が予見できない中、長期的に在宅勤務の継続を行う事を決定した企業も多いのではないでしょうか。

企業が行うべき、長時間労働の対応策

日本では昔から、他国と比べて長時間労働を行う事が美徳とされてきました。日本人特有のコツコツと真面目に働く性格から生まれた社会文化だと思われますが、近年では長時間労働による過労死や、残業時間としてカウントされないサービス残業等の多くの問題がニュースでも取り上げられるようになりました。