お悩み解決コラムCOLUMN

法改正一覧

時間外労働の上限規制~36協定届の新様式案~  

働き方改革に伴って、大企業は2019年4月1日、中小企業は2020年4月1日から時間外労働について、臨時的で特別な事情があり特別条項をつける場合でも年720時間、 休日労働を含めて単月100時間未満、複数月平均80時間を限度に設定されています。6ヶ月間の中でどの2ヵ月をとっても、平均の残業時間が80時間を下回る必要があります。

労働基準法での長時間労働・休日労働の対処法

労働力人口が減少する現代、多様な層の人材に目を向けてそれぞれの能力に合った多様な働き方を実現がすることが求められています。長時間労働・休日労働を改善するため、働き方改革関連法案には、36協定でも超えることができない罰則付きの時間外労働の上限規制を導入するという内容が組み込まれているようです。