お悩み解決コラムCOLUMN

タイムカードの保存には電子化がおすすめ

労働基準法にて、企業に保管することを義務付けている「法定三帳簿」をご存じでしょうか。「労働者名簿」「賃金台帳」「出勤簿」の三つの帳簿のことを指し、この中でも「賃金台帳」に記載されている内容を証明する、「出勤簿」に位置づけられるのが「タイムカード」となります。

「打刻時間」と「労働時間」のズレに関する対処法

企業が従業員の勤怠管理を行うことは義務であり、より正しい勤怠管理を求めてタイムカードを導入し出退勤打刻を行っている企業も多いでしょう。これらを導入して勤怠管理を行うことは長時間労働の抑制にもなり、適切な労働時間を管理するためにも重要とされていますが、近年では「タイムカードを打刻した時間」と「社員が労働をしている時間」で生じているズレが問題視されていることはご存じでしょうか。

2021年1月より施行、子の看護休暇とは?

自分の子どもが急病で倒れたけど仕事を休む訳にもいかない・・働くお母さんであればこのような状況に陥ったことがあるかもしれません。そんな状況に柔軟に対応できるよう2017年に施工されたのが「子の看護休暇」ですが、この子の看護休暇が令和3年1月1日より改正され更に取得しやすくなるのはご存知でしょうか。

計画年休制度で有給の取得率をアップ

計画年休とは、労使協定に基づき年次有給休暇の内5日を超える分について、企業側が従業員の有給取得日をあらかじめ指定できる制度となっています。 従業員の有給取得率アップ、企業側のスムーズな事業運営など、メリットが多い計画年休について詳しく説明していきます。

残業申請のルール化で、無駄な労働時間を削減しよう!

働き方改革法案の制定により、以前よりも厳しく残業時間削減に向けた取組みを行う必要が出てきました。残業時間を減らす有効な手立てとして、残業申請をルール化している企業も多いかと思いますが、申請を上げてくれない・残業代の為に仕事が無くても残っている等の問題が起きている企業も多いのではないでしょうか。

スケジュール管理共有の重要性

社内で働いている従業員は基本的に1人1人、行っている業務が違ってきます。特に営業社員は抱えている案件ごとに外回りがあったり、社内で仕事をしたりと、上司ですらスケジュールの管理が曖昧になり、現在誰がどこで何の仕事をしているのかが分からないなんて事もあるのではないでしょうか。