お悩み解決コラムCOLUMN

上手に活用したい、変形労働時間制とは?

仕事を行うなかで定められている労働時間は「1日8時間、1週40時間」となり、それ以上の労働時間に関しては時間外労働として残業代が発生するのが通常です。しかし業種によっては繁忙期が異なり、「1週目は48時間労働が必要だが、2週目は32時間で足りる」というケースもありえます。  このように定められた期間内の繁忙期・閑散期によって、仕事の忙しさや仕事量が変わってくる業界にお勧めなのが「変形労働時間制」という働き方です。

勤怠の「締め作業」、システム導入で効率化アップの訳

一般的に毎月従業員の残業時間・休日出勤時間などの労働時間をチェックし、データを確定する業務の事を「勤怠の締め作業」と言います。締め作業は給与計算には欠かせない業務となっているため、人事・労務管理者にとって勤怠の締め日前後は繁忙期となる事が多いでしょう。