お悩み解決コラムCOLUMN

勤怠Trust導入で「健康管理」を行おう

近年では感染症の拡大や交通規制の緩和など、様々な理由から在宅勤務やサテライトオフィス勤務といったテレワークによる就業形態が広がりをみせています。テレワーク期間中は現場を目で見て確認できない分、従業員の勤怠状況を把握するために勤怠システムを導入し働き方に対応をし始めた企業も多くあるのではないでしょうか。

勤怠Trust導入で「社内コミュニケーション」を円滑に

働き方改革の促進や在宅勤務の拡大により、業務効率化の必要性が高まっており、効率化を図る方法の一つとして「社内情報共有ツール」の導入が注目されています。実際に導入を行う事で、職場環境の改善・業務作業の効率化・経費の削減、といった成果を得られた企業は多く存在するのではないでしょうか。

勤怠Trust導入で「経費精算」の手間を省こう

大企業でも中小企業でも、新卒社員から役員まで、企業に属していれば「経費精算作業」は必ず行わなければならない作業となります。多くの人がつい後回しにしがちなこの複雑で面倒な作業を、もっと手軽に行いたい!と考えている企業を多くいらっしゃるでしょう。

勤怠Trust導入で「位置情報」を使用した勤怠管理を

出退勤時にGPS機能を使用して「位置情報」を取得できる機能となっており、紙媒体のタイムカードと違って「いつ」「どこで」打刻したのかがリアルタイムで把握できるため、不正な打刻を防ぐだけでなく、出張や直行直帰先で気軽に打刻が行えます。