お悩み解決コラムCOLUMN

交通費・経費精算の負担削減へ!   

今の時代、働き方改革の影響や業務を簡素化する傾向から、システムの導入によって作業の効率化を見込む企業が増えているのではないでしょうか。 例えば、交通費精算・経費精算の業務は、システムを導入することで作業時間の大幅な短縮を見込むことができます。

勤務時間と労働時間について  

労務管理を行う上で、「勤務時間」と「労働時間」は似ているようで表す意味は異なります。勤務時間とは、企業が就業規則に定める勤務時間から就業時間までの時間を指します。労働基準法では労働時間を1日8時間、週40時間以内と定めています。この定めに従って、企業側が就業時間として定めた時間を、所定労働時間と呼んでいます。

労働時間の適正な管理の重要性

働き方改革関連法の成立にともなって、平成31年4月から労働安全衛生法および関連省令が改正され、管理監督者などにも労働時間の把握が求められることになるようです。改正前の現在までは、一般の従業員だけを対象に労働時間を把握することが義務付けられていました。

フレックスタイム制の改訂によるメリットとデメリット

フレックスタイム制とは、 「清算期間」で定められた所定労働時間の枠内で、労働者が出勤時間を自由に選べる制度です。ワークライフバランスを取りやすい働き方が実現できるような制度であり、精算期間の中であれば始業・終業時刻を自由に選択することができます。 このため、労働者は、あらかじめ定められている清算期間中の所定労働時間(総労働時間)に達するよう、労働時間を調整して働くことになります。

労働派遣法改正から3年、派遣労働者を雇う上で企業が気を付けたいポイントとは

派遣労働が一般化している現代、派遣労働者の存在は企業にとって正規労働者より低賃金で雇用できるという特徴から、ひとつの労働形態として定着しています。 一方で派遣労働者にとっては自由に働きやすいという利点はありますが、派遣労働者は正規労働者に比べて不安定であり、更に低賃金で福利厚生も十分であるとは言い難いのではないでしょうか。

労働基準法での長時間労働・休日労働の対処法

労働力人口が減少する現代、多様な層の人材に目を向けてそれぞれの能力に合った多様な働き方を実現がすることが求められています。長時間労働・休日労働を改善するため、働き方改革関連法案には、36協定でも超えることができない罰則付きの時間外労働の上限規制を導入するという内容が組み込まれているようです。

時短正社員制度の導入で人材確保

昨今、社会全体で人材不足が大きな問題になっています。特に中小企業の労働力不足は深刻です。そこで今、注目されているのが、短時間勤務制度です。短時間正社員とは、フルタイム正社員と比べると所定労働時間が1週間分短い正規社員です。短時間正社員は、育児や介護の短時間勤務とは異なります。