お悩み解決コラムCOLUMN

労務一覧

勤怠Trust導入で「社内コミュニケーション」を円滑に

働き方改革の促進や在宅勤務の拡大により、業務効率化の必要性が高まっており、効率化を図る方法の一つとして「社内情報共有ツール」の導入が注目されています。実際に導入を行う事で、職場環境の改善・業務作業の効率化・経費の削減、といった成果を得られた企業は多く存在するのではないでしょうか。

勤怠Trust導入で「経費精算」の手間を省こう

大企業でも中小企業でも、新卒社員から役員まで、企業に属していれば「経費精算作業」は必ず行わなければならない作業となります。多くの人がつい後回しにしがちなこの複雑で面倒な作業を、もっと手軽に行いたい!と考えている企業を多くいらっしゃるでしょう。

勤怠Trust導入で「位置情報」を使用した勤怠管理を

出退勤時にGPS機能を使用して「位置情報」を取得できる機能となっており、紙媒体のタイムカードと違って「いつ」「どこで」打刻したのかがリアルタイムで把握できるため、不正な打刻を防ぐだけでなく、出張や直行直帰先で気軽に打刻が行えます。

タイムカードの保存には電子化がおすすめ

労働基準法にて、企業に保管することを義務付けている「法定三帳簿」をご存じでしょうか。「労働者名簿」「賃金台帳」「出勤簿」の三つの帳簿のことを指し、この中でも「賃金台帳」に記載されている内容を証明する、「出勤簿」に位置づけられるのが「タイムカード」となります。

「打刻時間」と「労働時間」のズレに関する対処法

企業が従業員の勤怠管理を行うことは義務であり、より正しい勤怠管理を求めてタイムカードを導入し出退勤打刻を行っている企業も多いでしょう。これらを導入して勤怠管理を行うことは長時間労働の抑制にもなり、適切な労働時間を管理するためにも重要とされていますが、近年では「タイムカードを打刻した時間」と「社員が労働をしている時間」で生じているズレが問題視されていることはご存じでしょうか。