お悩み解決コラムCOLUMN

在宅勤務一覧

「在宅勤務」の時間管理、企業が注意すべき点は?

新型コロナウイルスの感染拡大により「働き方の多様化」が進み、テレワークの一環である「在宅勤務」を導入する企業が増えてきました。そして感染の収束が予見できない中、長期的に在宅勤務の継続を行う事を決定した企業も多いのではないでしょうか。

テレワークを円滑にする、ITツールの有効活用

新型コロナウイルスの世界的感染を受け、国内でも緊急事態宣言が発令され不急不要の外出を自粛するよう国民に呼びかけられました。その結果、急遽テレワークに対応した職場環境を導入しなくてはならなくなりましたが、急な労働状況の変化に追いつけなかったり、テレワーク自体にもデメリットが存在するため導入に踏み込めなかったり、企業がテレワークを導入するには様々な弊害があるようです。

勤怠Trust導入で「位置情報」を使用した勤怠管理を

出退勤時にGPS機能を使用して「位置情報」を取得できる機能となっており、紙媒体のタイムカードと違って「いつ」「どこで」打刻したのかがリアルタイムで把握できるため、不正な打刻を防ぐだけでなく、出張や直行直帰先で気軽に打刻が行えます。

スケジュール管理共有の重要性

社内で働いている従業員は基本的に1人1人、行っている業務が違ってきます。特に営業社員は抱えている案件ごとに外回りがあったり、社内で仕事をしたりと、上司ですらスケジュールの管理が曖昧になり、現在誰がどこで何の仕事をしているのかが分からないなんて事もあるのではないでしょうか。

テレワークの課題を解決、ワークフローシステムとは

せっかくテレワークを導入しても会社の制度やルールによっては結局出社が必要になるうえ、多大な時間がかかってしまう可能性があります。そのため、テレワークを行うにあたりこれらの課題を解決するには「ワークフローシステムの導入」は欠かせないでしょう。

時差出勤とは?導入時における注意点

新型コロナウイルスの蔓延や、オリンピック期間中の満員電車を緩和するために、在宅勤務や時差出勤といった様々な形態の働き方をよく耳にするようになりました。中でも時差出勤は、通勤ラッシュ回避を目的に東京都にて「時差Biz」といったプロジェクトを働き方改革の一つとして掲げているほど注目を集めています。